新着情報

News

  • HOME
  • 新着情報
  • 緊急告知!!!!当社代表が『The Japan times』に掲載されました!!

緊急告知!!!!当社代表が『The Japan times』に掲載されました!!


本日配信された『The Japan times』



〝100Next-Era Leaders IN ASIA 2016-2017″


に、当社代表取締役「橋本 修」が掲載されました!!!!!




皆さま是非ご覧ください!!!



 実際の記事はコチラから



ここからは

『The Japan times』

〝100Next-Era Leaders IN ASIA 2016-2017″

ザ・ジャパンタイムス紙、アジアの次世代リーダー100人

記事和訳です。

 

Risinghomes Co., Ltd

President Osamu Hashimoto

 

ライジングホームス

代表取締役社長 橋本 修 氏

 

Message to young people

People these days make judgments

on things based only on images and rankings.

But what is important is to see a real picture of things.

It is to face yourself, with sincerity;

full of expressions of your joy, anger and sadness.

 

若者へのメッセージ

ほとんどの人は物事をイメージやランキングで判断します。

しかし実は、自分の目で見たことが一番大切なのです。

感動や喜び、怒りや悲しみをあなた自身で感じ、

人生を謳歌してください。

 

I was just an ordinary boy,

fond of playing baseball and soccer.

I went to a highly ranked high school where

I came across many talented students

who were able to strike a good balance between

studying and playing sports.

I realized that there are many

excellent people in the world,

and learned that I should never underestimate someone;

this lesson turning out to be the foundation of my thinking.

Right before graduating high school,

I had the urge to move

to Tokyo and took an entrance

exam for a university in Tokyo.

Unfortunately, I failed to pass the exam for the school

I was most interested in, as I had not been serious until then.

But, I moved to Tokyo anyway

to prepare for university entrance exams for two years,

eventually passing an entrance exam.

 

私は野球やサッカーが好きな普通の少年でした。

ただ私はスポーツと勉強のバランスを

上手く保つことが周りの人より得意で、

高校は進学校に通うことができました。

ただ進学校に入ると、

それ私以上に優秀な人が多くいることに気づき、

私は「自分を過大評価してはならない」

ということを学びました。

この経験は私の思考のベースになっていると思います。

その高校を卒業する頃、

もっと大きな世界を見たいと

東京に行くことを心に決め、

東京の大学の入学試験を受けました。

残念ながら、私が最も興味を持っていた

学校に合格することができませんでしたが、

最終的には他の東京の大学の入学試験に合格し、

とにかく東京に飛び込んだのです。

 

After graduating from university,

I landed a job at an insurance company,

but I quit, as I didn’t feel the business

was right for me. After that,

I switched to real estate sales,

something I had been interested in.

Soon after I started the job, I was doing well,

attracting the attention of others.

My performance was good,

my pay was good and I was happy doing

the job with self-confidence.

However, other people started

treating me unfairly and bullying

me and I started thinking about quitting.

I thought about it every day.

But then I realized something;

I was blaming other people for anything

bad that happened to me.

After that, I made up my mind not to quit my job,

and I decided to not have such a personality.

I started working very hard again and

was promoted to section chief within

three-and-a-half years.

My salary reflected

my hard work and when I saw the numbers

I cried with joy. If I had quit my job back then,

I probably would have gone back to being

the same old me; a person who didn’t work hard

enough to go through something,

and who didn’t make enough

effort to finish anything.

The moment of truth comes

when you stand on the edge.

That is what I learned from this experience

and that is what I always tell my staff now.

 

 

大学卒業後、保険会社に就職したものの

業界が肌にあわずその後、不動産業に転職しました。

私は仕事を始めてすぐに結果を出すことができ、

注目を集めました。給料も上がり、

そして自信を持って仕事をできることが

なによりも幸せでした。しかし、

他の人が私の成功をやっかみはじめ、

私をいじめ始めたのです。私は毎日、

そのことが原因で会社を辞めようと悩みました。

しかし、私は他人を非難することの虚しさ、

そして自分の気持ちが後ろ向きな気持ちで

いることが無駄に感じ、

まずは何かを実現するしかない、と

私は再び懸命に仕事を始めました。

結果、3年半も立たないうちに課長に昇進することができました。

ハードワークに反映して給料もあがりました。

そしてより多くの人に、

そしてより大きく自分の仕事を評価されました。

これほど感慨深かったことはありません。

あの時、もし仕事を辞めていた場合、

私はおそらく同じ壁に何度も

ぶつかっていただろうと思います。

人が成長するためには必ず壁が

くるものなのかもしれません。

そしてそれを乗り越えるためには

努力を全うするしかありません。

そしてそれを乗り越えた瞬間に

最高の喜びとも言える経験ができます。

私はこの経験からそのことを学び、

いつもスタッフに伝えています。

 

 

I was working in a management position

when I started noticing bad habits

and business practices in serving customers;

things that are particularly rampant across

the entire real estate business.

Ordinary people think the real estate

business is a tricky business full

of pitfalls that only experienced

salespeople can get through.

I wanted to change that.

I made up my mind to form

my own company to change

the bad image of the business.

At the beginning, I was very nervous,

as I didn’t have any connections

or a network, and I faced constant hurdles

and difficulties. But I eventually managed

to overcome the difficulties due

to my built-up experience in the business,

and above all, thanks to the support

from my customers. The outcome

of your hard work doesn’t come today,

but if you don’t run from hardships

and continue to keep working hard,

you will be rewarded eventually.

 

私が管理職となり顧客にサービスを提供している中で、

不動産業界全体が多くの悪い慣習で

蔓延していること気付き始めました。

不動産業は専門性の高い事業であるが故に、

経験豊富な良い営業担当者に出会えるかどうかで

天と地の差が生まれてしまうということです。

顧客は豊富な知識を持たず、

それに業者も疑問を持たずに

煩雑なサービス提供されてしまっているケースがあるのです。

私はそれを変えようと、自分の会社を作ることを決心しました。

コネも何もない所からのスタートでした。

はじめは数多くの困難に直面しました。

しかし、顧客からの支援、

社員スタッフのおかげで幾度となくそれを

乗り越えることができました。

本当に感謝しています。

もしこれ読んでいるあなたが、

苦難から逃げずに懸命に

努力を続けているのであれば、

最終的にあなたは報われる。そう私は伝えたいです。

 

The financial performance of my company

was improving, the number of employees

was increasing and everything was going well.

One day, when I thought things were going well,

I discovered that my own staff was deceiving me.

It was the start of a negative spiral

that included concealing errors,

a deteriorating office atmosphere

and workers leaving the company.

I lost confidence in my work and

I was both physically and mentally exhausted.

Then, one morning,

I saw my daughter polishing my shoes.

With a sad face, she said, “Dad, don’t give up.”

The moment I saw her,

I regretted that I had been so occupied

with work that I hadn’t been paying

attention to my daughter

and I decided to shut down my company.

 

 

私も会社の創業から本当に色々なことがありました。

財務状況も社員数の増加も含め

すべてうまくいっていた時に一番の困難は起こったのです。

一人のスタッフの裏切りから始まった負の連鎖の事件でした。

ミスの隠蔽から教育方針についての方向性の違い、

それによるスタッフの退職。

なにより信頼していた社員の裏切りにより、

私は仕事への自信を失い、

私は肉体的にも精神的に疲れ果てました。

そしてその頃一度、会社を畳む事を決意したのです。

だがそんなある日の朝、転機が訪れました。

娘が私の靴を磨いてくれていた時、

悲しい顔をして、こうつぶやいたのです。

「お父さん 負けないで。」

私は娘の顔を見た瞬間、会社を畳む、

つまり諦めるということを考え直し始めました。

 

In preparing to shut down the company,

I was doing paperwork for the departing employees

and making arrangements for them to find new jobs.

In the meantime, just to stay in business for the closing period,

the company started selling apartments

and saw good results. This was the turnaround;

the business was back on track and the company

was on an upward trend.

I was determined to start things all over again.

Even after I decided to close the company,

my staff didn’t leave and stayed on to do their best.

I saw that and I came to trust them, and myself, too.

 

 

Until now, I had only vanity goals

in my mind such as listing

the company’s shares on the stock exchange,

or simply making the company bigger. From now on,

I want to stay with my workers who have deep ties

with each other and who are friendly.

This is what I want to be the company norm;

I don’t care about the number of workers,

I just want to turn this company

into a long-lasting one with the ones I have.

 

 

当時、残った従業員の次の就職先の斡旋や

事務処理を行いながら会社を畳む準備をしていたのですが、

その期間も会社として売上を捻出しなければならなかった為、

短期でも取り扱える中古物件のビジネスを始めました。

しかしそれが思いの外に良い結果を出し続けたのです。

次第にその事業が軌道に乗り始め、

会社の勢いが復活し始めました。

そして、私は復活することを決めました。

それはビジネスがうまくいったからだけではありません。

あくまでそれは土台です。

一度は畳もうと思ったそんな最悪な状態の時に、

私を信じて残ってくれた社員がいたのです。

私はそれを見て、

私も、彼らを信頼しこのメンバーなら

一緒に会社をやってきたい。

やっていけると確信したのです。

今まで私は、会社を株式上場や

単に会社を大きくすることを目標にしていました。

ただ今は違います。私はお互いに深いつながりを

持ち信頼のおける社員と仕事をやっていくことが今の目標です。

従業員の数は気にしていません。

私が目指すのは、

長くこの会社が「継続」していくことなのです。

 


一覧へ戻る

お電話からのお問い合わせもお待ちしております。

TEL:0120-981-510